出てみてわかる、日本のすばらしさ

海外旅行にいくと必ず日本食が恋しくなります。1日2日の旅行ならいいのですが、少し長くなるといつもです。「いつも」というほど行ってませんが・・・。

まずお菓子が美味しい。色々買って食べてみても、妙に甘ったるい味だったり慣れていないスパイスが入ってたりするんですよね。以前美味しそうと思って買ったバナナブレッドには、たっぷりジンジャーが入っていました。「たっぷり」です。そういう味もあるんだろうけど、私が求めていたのはその味じゃないんだよねって感じでした。

カナダにワーホリに行ってる友達がいるのですが、その子のとこに遊びにいったら変わったお米がでてきました。日本だと、お米は日本で生産されているから店に並んでいるのほぼ日本米です。政府がその産業を保護しているというのもあるのかもしれませんが。でも主食が米でない国では、米はアジアから輸入なのです。そしてどこに行っても日本人より多いのは中国人と韓国人です。中国や韓国の米がメインで売られているんです。もちろん日本のお米も売られていますが高い。皆が「高級」「特別な時用」というほどの感覚みたいです。正直 日本米=おすし。お寿司用。みたなところもあります。で、私もその友達にご馳走になったときに初めて他の国のお米をいただいたのですが・・・。もう全然違います。

一時日本で不作だったときにタイ米を食べていましたが、タイ米・・・ともちょっと違いますが、あんな感じでした。長細い。そしてパサパサしてる。タイ米も後から調べたらちゃんと炊き方があって、日本米とは違う炊き方をしなければいけなかったらしいのですが、おそらく中国や韓国のお米もそれぞれの米の品種にあった炊き方をすれば美味しくなるのかもしれません。しかし!しかしです。炊飯器といえば日本製なのですよ。スーパーではよく象印が売られていました。日本で今流行ってるような凝った炊飯器はお見かけできませんでしたが、昔ながらの炊飯器っていうのが揃えてありました。だからといってわざわざ韓国製や中国製の炊飯器を買って真実を確かめたいとは思いません。ずっと昔から食べてきているから日本食が一番美味しいって感じるだけでしょうか。

でも日本のファーストフード店で一人分のセットを頼み食べきれないほどお腹いっぱいになったことはありませんが、外国のファーストフード店でセットを頼み、オニオンリングだけでお腹いっぱいになったことはあります。てんこ盛りにされてるわけでもないのに・・・何が入ってるんだろう。不思議です。

プジョー208

ビデオカメラを選ぶ

ビデオカメラを購入しようと思い、電気屋へ出かけました。

売り場へ着き、前まで使っていたカメラを考慮して、SONYを選び、機種を比べました。

さっそくビデオカメラを試してみて驚いたのが、手ぶれ補正の機能です。

わたしの持っているビデオカメラは5年前のもので、

サイズも最新のものに比べて大きく重さも重い上に、

手ぶれ補正はそれほど優れてはいません。

もっとも購入当時は優れていましたので、科学の進化ってやつですね。

そんな最新の手ぶれ補正は驚くほどすばらしいのです。

隣にいた友人に、歩きながらカメラを向けても、あまりブレません。

ズーム機能を使ってみてもブレはかなり小さく、これでしたら学芸会や運動会の撮影も問題ありません。

家庭でのビデオカメラの使用において1番の出番は、

子供の学芸会や運動会である場合が多いと思います。

我が家もそうだったのですが、後ろの方からズームを使うと手ぶれがひどく、

家に帰ってテレビに映し出して見ていると、車酔いのように映像に酔ってしまうほどひどいときもありました。

そして子供達には怒られてしまいました。。。

そういうわけで、売り場でも1番押し出しているのは手ぶれ補正でした。

SONYではカタログのうたい文句に、

「世界初!アップが決まるブレないズーム!空間光学手ぶれ補正搭載」と、

大々的に押しています。

そしてこの機能でしたらまさに文句はないのでしょう。

ただ、同じくSONYのビデオカメラの中で、正直これはどうなのだろうという機能もありました。

それは「プロジェクター機能」と呼ばれるものです。

これはカメラ本体の中にプロジェクターが内蔵され、まわりを暗くすると壁などに映し出して、再生することが出来るという機能で、

なんとビデオ本体の中で、ショートムービーも作ることができるらしいのです。

たしかに画期的な機能ではありますが、

よく考えてみてください。編集はパソコンでもよくないですか?

プロジェクターで壁に映さずとも、テレビで見ればよくないですか?

この機能は使うことがあまりなさそうだと思い却下しました。

これを省くとかなり値段が落ちるので、お手頃価格になります。

だいたい機種を絞ることが出来たので、次は価格.comで底値を調べてみようと思います。